スープカレーCahaya
Cahayaネット通販
Cahaya facebook
Cahaya facebook
Cahaya Vip 会員
メディア掲載情報
                    
  • 日テレシューイチ日テレ「シューイチ」番組の収録で、陣内さん・赤星さん・杉野アナがご来店されました♪
  •                 
  • おいしいカレーの店ぴあより「おいしいカレーの店」のスープカレーのページP77に掲載されました。
  •                 
  • ウォーカーKADOKAWAより「足立Walker」の行きつけにしたい料理店というページP71に掲載されました。
  • 持ち歩ける足立本「持ち歩ける足立本」に掲載されました。
  • 足立食本「足立食本」の地元で愛されるおいしいお店に紹介されました。
  • 足立本「るるぶ足立区」のわざわざ行きたい名店に掲載されました。
  • 足立本「足立食本」の美味しい店にチャハヤが掲載されました。
  • 足立本「足立本」と言う本にチャハヤが掲載されました。足立区の書店やコンビニで販売中です。
  • 都バスで飛ばすぜぃ!日テレ火曜サプライズ「都バスで飛ばすぜぃ!」で紹介されました
  • WコロンさんとケーブルTV足立「トピためっ!」お笑い芸人の「Wコロン」さんが取材に、いらっしゃいました。
  • 絶品!大人の定番カレーKKベストセラーズの「絶品!大人の定番カレー」に掲載されました!
Cahayaオーナーブログ
スープカレーCahaya
スープカレーCahaya
スープカレーCahaya

春三月、別れの季節。卒業シーズンである。気心知れた友と別れるのは、なんとも名残惜しく切ないものだ。
苦楽を共にした友ならなおさらだ。
さて、名残惜しいという感情は何も人間関係だけではないようで、ヒトを喜ばせるために、情熱を傾け創作をする料理の世界でもそんな感情を抱く場合があるという。
実は、東京スープカレーCahayaのシェフ草野氏はそんな一人。
どういうことかというと、昨年十一月に彗星のごとく登場し、瞬く間に人気メニューとなった「スープカレーもつ鍋」は、別れがたく名残惜しいメニューだと言うのだ。
正直、少々大げさな気がしないのでもないのだが、よくよく話を聞くとその気持ちがわかる気がした。彼の話はこうだ。昨年十一月に登場させるスープカレーもつ鍋を前年より上質にして提供するために、その数ヶ月前、あの猛暑の夏にわざわざもつ鍋の本場の博多まで修行に行き、十数軒ものもつ鍋専門店を食べ歩いて、通算一か月以上、その味の修得に時間を費やした。
暑い夏の時季ならば鍋専門店は暇なはずだから、お店の人にも話が聞きやすいであろうという、単純な発想ではあるがその行動力は、本場の味を盗もうという茶目っ気ある気概を感じる。
そして、帰京後も何回も何回もスープカレーとコラボさせる研究が続き、試作段階で経費を使い過ぎて、ついに自腹で食材を購入するという笑えない事態まで招き、ようやく完成に至ったというから驚きだ。
そのかいあって、発売を開始してすぐに大ヒット。彼がこのメニューに思い入れがあるというのも納得だ。
また、シェフはただ料理を作ればいいというだけではなく、店の数値責任も負う立場だ。だから、ヒットメニューが、陽気が良くなったというだけで除外することに躊躇したそうだ。
ただ、料理に季節感はつきものだし今年は来月から消費税が上がるということもあり、全面的メニューの見直しにも迫られ、泣く泣くこのスープカレーもつ鍋メニューの卒業を決断したらしい。
ちなみに、最後にひと花咲かせるという言葉通り、価格はなんと1000円ポッキリである。まさに謝恩価格でのフェアーだ。有終の美を飾ろうと彼の腕が鳴っている

ニュースレターはこちらから

東京スープカレーCahaya総本店
住所:東京都足立区一ツ家1-22-18
電話番号:03-5831-8900
営業時間:11時30分~25時(原則) 週1回定休日あり
※スープが売り切れた場合はその時点で営業を終了する場合もございます。

Copyright(c) 東京スープカレーCahaya総本店 All Rights Reserved.